あっちゃんリリース

一児のママ(27歳)。大企業に勤めながら、うつで休職中。楽しくブロブしています。

人はどうして眠くなるの?早く布団に入っても、なかなか寝られないのはなぜ?

こんにちは、あっちゃんリリースです。

 

 

突然ですが、

寝たくないのに

眠気が来てしまう

ってことないですか?

 

夜遅くまで勉強しようと思っても、

眠気がおそってきて、

ついつい眠ってしまう…。

 

こんな経験をしたことある方なら

この辛さがわかると思います。

 

わたしもブログをしているときに

急に眠気がおそってきます…

どうして眠気が起きるのでしょうか?

 

ということで、今回、

「どうして眠くなるのか?」

「早く布団に入っても寝られないのは?」

をまとめてみます。

 

 

人はどうして眠くなるの?

 

f:id:acchanrelease:20190814030057p:plain

 

目に朝の太陽の光が入ってくると、

体内時計が朝になったことを認識する

    ↓

カラダに起きるように指令を送る

    ↓

起きてから12時間くらいの間、

体中が活発に働く

    ↓

血圧体温高い状態になる

    ↓

12時間後…脳の中の体内時計が

体中に休みなさいと指令を送る

    ↓

そして次第に眠くなる

 

 

夜になると眠くなるのはなぜなの?

 

f:id:acchanrelease:20190814031324p:plain

 

カラダの中にある体内時計が

「昼は起きて、夜は寝る。」

というリズムを守っているからです

 

そのため、下記のことが起こります。

 

・前の日にたっぷりと寝ていても、

 夜になるとまた眠くなる。

 

・あまり寝ていないのに

 昼間は目がぱっちりとしている

 

            …など

 

 

運動をしても、しなくても眠くなる

 

〈運動すると眠くなる〉

 

f:id:acchanrelease:20190810095544p:plain

 

①ウォーキングやスイミングなどで

 体を動かす

    ↓

②カラダが疲れる

    ↓

③体の疲れをいやすために

 睡眠が必要となる

    ↓

眠気が起こる 

 

 

〈運動しなくても眠くなる〉

 

f:id:acchanrelease:20190814220014p:plain

 

1日中ゴロゴロしていただけなのに

眠くなったという人もいると思います。

 

はげしい運動をしていなくても、

脳や内臓の器官は休みなく働いています

 

それらを休ませるために、眠くなります

 

 

いつもより早く布団に入っても、なかなか寝れないのはなぜ?

 

f:id:acchanrelease:20190814220208p:plain

 

カラダがまだ活発に働いる

・体内時計がまだ寝る時間ではない

脳がつかれていない

カラダが疲れていない

 

…などのが理由で起こります。

 

無理やり寝ようとしても寝れない時は、

脳を使ったり、

温かい飲み物を飲んで、

眠気が再びきたら寝るといいですよ。

 

 

朝起きようとしても起きられないのは?

 

f:id:acchanrelease:20190814220301p:plain

毎日夜遅くまで起きていて、

お昼すぎまで寝ているという生活を続けていると、

体内時計が夜型の生活リズムになり、

 

・朝起きようとしても起きられない

・起きるのがつらい

 

…などの不調がでてきます。

 

 

寝ることは、カラダにいいことだらけ

 

f:id:acchanrelease:20190814025304p:plain

 

ケガを治す

成長ホルモンを作る

・病原体とたたかうための免疫物質をつくる

 

カラダが無意識に

睡眠をもとめて眠くなる。

 

 

睡眠時間が短いとどんなことが起こる?

 

f:id:acchanrelease:20190803092035p:plain

 

約17時間起き続けると、

少しお酒でほろ酔いと同じ症状が出て

脳の働きも低下します。

 

睡眠不足になると

注意力がなくなる

集中力がなくなる

・疲れやすくなる

・体がだるくなる

やる気が出ない

老化を早める

生活習慣病になりやすくなる

イライラしやすくなる

 

 

約2週間4~6時間の睡眠を続けると…

2日徹夜したのと同じくらいまで

脳の働きが低下する。

その結果、

注意力集中力がなくなり、

意欲が出なかったり、

イライラしやすくなったりする

 

約1週間4時間睡眠を続けると…

朝の血糖値が高くなる

(血液中にふくまれるブドウ糖の量が)

・血糖値の上昇をおさえるホルモンの

 インシュリンの分泌が悪くなる

・交感神経の緊張が高まる

・生活習慣病や老化しやすくなる

 

 

何日も寝ないとカラダはどうなってしまうの?

 

f:id:acchanrelease:20190803092614p:plain

 

ずっと寝ない状態でいると人のカラダは、

悪いことばかり起こります。

 

3日目くらいから

判断力が低下する

記憶力が低下

・目を開けたままウトウトするようになる

 

4・5日以降から

集中力がなくなる

幻覚を見るようになる

精神的に悪影響をおよぼす

 

 

まとめ

なぜ眠くなるのかというと…

起きてから12時間くらいの間は、

体中が活発に働く

    ↓

その後脳の中の体内時計が

体中に休みなさいと指令を送る

    ↓

そして次第に眠くなる

 

いつもより早く布団に入ったけど

寝られないのは、

カラダがまだ活発に働いる

・体内時計がまだ寝る時間ではない

脳がつかれていない

カラダが疲れていない

…などの理由があります。

 

しかし、寝ないと様々なことが起こります。

注意力がなくなる

集中力がなくなる

・疲れやすくなる

・体がだるくなる

…など様々な不調が出てきます。

 

体調を崩しやすい状態にならないように

寝不足には気を付けるようにしよう!

 

どうして人は眠くなるのか気になった方へ

少しでもお役に立てたら幸いです。

 

こちらの記事もどうぞ

www.posika.com